ドローン

災害時のドローン活用方法と現場活躍できるドローンを紹介する

災害時に有効活用が期待されているドローン。

  • 実際にどんな風に使えるのか?
  • どんなドローンが活躍しているのか?

わからない方も多いと思います。

今回は、災害時、ドローンでできることや実際に活用されている機種などを紹介していきます。

ドローンの防災活用の有効性について

山岳救助や海難救助の検索として

KDDIの取り組みですが、ドローンをかつようした山岳救助支援システムの実証実験になります。

登山者の位置情報がわかる端末(スマホ・GPS)などから一定感覚で居場所がわかるようになります。

登山者が歩行ルートから大きく外れた場合は、家族からの依頼でドローンの救助を依頼することができます。

実際に富士山での実証実験も掲載されております。

火災発生時の現場確認

アスクルの倉庫火災鎮圧後の空撮映像

火災発生時、被害規模がどれほどなのか?

また災害調査後の現場検証などでドローンの空撮写真や映像を有効に活用することができます。

大規模災害時に寸断された道路の先の被害状況の確認

大規模な災害が起きた時、被害状況を確認するためにドローンを有効に活用することができます。

ヘリコプターなどと違って非常に低空から気軽にアプローチできることが魅力のひとつになります。

災害時、ドローンを使う注意点

災害時、ドローンを使う注意点

まず個人が正義心だけで勝手にドローンを飛行させるのは、絶対にやめましょう。

特に大規模災害時には、必ず上空に報道や自衛隊のヘリコプターなどが飛んでおります。

それらとの接触事故を起こしては、とんでもないことになりかねません。

災害時に見れるドローンの飛行は、必ずその地方自治体や自衛隊などと連携をとった上で運用されております。

災害時に活躍しているドローンたち

DJI マトリス200シリーズ

DJI マトリス200シリーズ

防災用ドローンで今、一番活用されているのがこちらのマトリス200シリーズになります。

耐水機能を誇る中型サイズのドローンで過酷な環境下でも運用することができます。

さらに高性能なカメラを2基カスタムして搭載することができます。

  • 30倍の光学ズーム
  • 赤外線センサー

の組み合わせで様々な環境下での探索を行うことができます。

これらの機能は災害時のみならず、点検業務などにも有効活用できます。

DJI Inspire2

静岡県焼津市消防本部で導入されているのが、Inspire2になります。

実際に火災現場で飛行させ、火点はどこにあるのか?

火災戦術は最適なのか、有効に活用されております。

こちらも高度なカメラを積載できる上、Inspire2の変形機構を活かして浮輪を投下できるように設計されております。

DJI Mavic2 Enterprise

DJI Mavic2 Enterprise

商用ドローンとしても名高いMavic 2 ZOOMに

  • 発熱バッテリー搭載
  • LEDライト
  • スピーカー
  • ビーコン

を搭載した防災仕様のドローンになっております。

価格帯的にも導入しやすいので、防災活用も視野に入れているならばおすすめのドローンになります。